日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

ITによるビジネスインフラの変化・・・・知識問題

日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ

IT時代インフラを活用すると業務に大きな変化始まりました。
1.電子メール
従来は、FAXや電話、郵便を主な手段としていた通信は、ITインフラ、特にブロードバンドの普及に伴い大量の情報が低コストに扱えるようになりました。ビジネスでは、これらのFAXや電話、郵便がほとんど電子メールに置き換わるようになりました。
その結果、大幅にコストが下がり、スピードがアップしました。
2.ホームページ(ウェブサイト)
ウェブサイトを活用した商取引が増加中です。
従来の店舗やオフイス、営業車とセールスマンの営業システムから、インターネット上の商取引に変化していきます。
その結果、店舗やオフィス、営業人員の大幅削減が可能でコストが下がり、取引のスピードも速くなっていきます。
また、従来では、考えられなかった海外の取引先の開拓が容易にできる様になってきています。
3.共通EDI(企業間電子商取引)
XML形式のファイル交換による、企業間の電子商取引の拡大は、事務の大幅な変化をもたらしています。
伝票や請求書等会計処理の自動化が進み、事務の省力化、コストダウンが進んでいます。
4.グループウェア
企業、組織内のコミュニケーションツールとしてのグループウェアは、組織内のIT仕事化に貢献しています。グループウェアの導入により、仕事の共同作業やスケジュール化がより便利に効率化が進んでいきます。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
IT時代のインフラの進展により仕事の変化が起こっています。
ブロードバンドの普及により電子メールやウェブサイトによる業務、商取引が増加。
共通EDIプラットフォームの進展により、企業間電子商取引が増加。
グループウェアの広がりで、共同作業やスケジュール化が進展。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

日商PC検定プラチナ試験会場

日商PC検定プラチナ試験会場

直営のパソコン教室が日本商工会議所より日商PC検定プラチナ試験会場として認定されました!
詳しくは、こちら

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.