日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

CD、DVDドライブ・・・・知識問題

日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ

CDやDVDドライブは、外部記憶装置として、パソコンに内蔵または、外付けで利用するハードウェアです。そして、CD-RやDVD-Rなどのディスクがメディア(記憶用外部メディア)です。記憶媒体などと呼ばれることもあります。
これらのメディアには、以下のような特徴があります。
これらのメディアは、使用用途によっては、区別されるのではなく、使用されるファイル形式や容量また、以後の使用方法によって区別します。
例えば、アナログ時代は、動画は、ビデオテープ、音楽は、カセットテープなど用途によってメディアが区別されていました。
デジタル時代のCDやDVDでは、どちらにも、動画や音楽、文書ファイルなどを同じように保存できます。
ただし、パソコンは、すべて利用できるのですが、パソコン以外でこのディスクを使用する場合は、区別が必要になります。
例えば、オーディオ機器は、音楽用ファイル形式のCDでしか演奏できません。最近では、MP3プレーヤーと呼ばれるMP3ファイル専用のものもあります。
また、映画などを再生するDVDプレイヤーでも映画用のDVDファイル形式でないと再生できないものが多くあります。
CDやDVDの容量ですが、CDは600~700M(メガバイト)の容量のものが主流です。音楽用とパソコンデータ用として大量に流通しています。
DVDは、さらに大きく4G(ギガバイト)以上の大容量です。主に、大きなパソコン用データや映画などの動画用に利用されています。
またその上のクラスのブルーレイディスクも徐々に増加しています。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
CD,DVDなどのメディアは、使用用途によっては、区別されるのではなく、使用されるファイル形式や容量また、以後の使用方法によって区別。
アナログ時代は、動画は、ビデオテープ、音楽は、カセットテープなど用途によってメディアが区別されていた。
デジタル時代のCDやDVDでは、どちらにも、動画や音楽、文書ファイルなどを同じように保存できる。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.