日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

定量データと定性データ・・・・知識問題

定量データと定性データ

簡単に言えば、定量データは、数値のデータ。定性データは、地図や写真、書類です。どちらか区別が難しいのがグラフです。ビジュアルに表現しているという意味では、グラフも定性データになります。
日商PC検定の知識問題対策としては、2種類のデータの違いを簡潔に理解していればそれだけで済みます。
しかし、なぜこのような用語が知識問題に出題されるのかという背景も理解しておくと今後仕事の面でも役に立ちます。
まず、現在IT仕事術では、地図や写真、書類もスキャナーやデジカメ、地図作成アプリケーションソフトなどを使用してデジタル化を日常行う時代になってきています。
このようなデジタル化されたものは、コンピュータから見れば数値情報です。だから、スキャナーで取り込んだ後は、数値データなので定量データと勘違いするとややこしくなります。これらの地図や写真、書類は、人から見ればデジタルであろうが元のアナログであろうが利用目的は同じです。地図や写真、書類はあくまでデジタル化されても定性データということになります。
ただし、ややこしいのは、これらを扱うプログラムを作成するコンピュータ技術者から見れば、数値情報の集まりですから定量データということになります。
さて、企業活動では、日々発生する売り上げなどのデータから、細かい情報を毎日集めています。
例えばコンビニエンスストアやスーパーなら、いつ、どこの店で、何の商品を、いくらで、何個買ったのか?
その買った人は男性なのか、女性なのか、年齢は、
もし会員制のカードを持っているなら今までの買い物歴はどうなのか?買い物の傾向ジャンルは?
など多数の情報が1回レジをお客さんが通過する度にPOSシステムを活用してデジタル数値データとして記録されていきます。
日商PC検定知識問題の出題範囲から考えれば、
これらの数値データは、各企業ごとの入力規則に合致する方法で、最小単位のデータとして日々データベースに保存していきます。
そして積み重なった、これらのデータは、サーバー上に一元管理され、必要な担当者が必要なデータを取り出し、データ活用の集計をし必要ならグラフ化などビジュアル性のある報告書として仕上げていきます。

例えば、顧客年齢別の商材別の売上とか、支店別時間帯別売れ筋商品とか、いろいろな情報をたった一つのデータベースから取り出して集計することで利用できるようになっています。これがデータ活用です。

そして、ここまでは、定量データとしての扱いですが、
例えば、このデータベースから顧客の住所別売り上げなどを地図上に表したり、散布図を使用して年齢別売り上げ状況を表して利用すると、どこに住んでる人が良く買うのか?
それならその地域にチラシを配布しよう!とか
この年代層にだけダイレクトメールを送ろう!とかのアクションが起こせるようになります。

定量データの表では、見えてこなかった人間でしか判定できない姿が浮かび上がってきます。
これこそが、ビッグデータの定性データ化といわれている今後重要な方向性です。
このように、日商PC検定知識問題の内容は、全体像が分かるとすべての出題されるキーワードが関連しあっていることがよくわかります。仕事の流れで理解していくといろいろな知識問題が良くわかってきます!

定量データ 定性データ

この記事に関連している解説ページは、以下をご覧ください。

見出しアイコンデータの管理方法

見出しアイコンデータの保存と活用1

見出しアイコンデータの保存と活用2

見出しアイコンデータの種類1

見出しアイコンデータの種類2

合わせてこちらの案内もご覧ください。
日商PC検定試験に合格したい方へ1級合格者と試験官が教える通信講座詳細はこちら

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.