日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

パソコンのハードウェア CPU・・・・知識問題

日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ

パソコンとは日本略語です。本当は、PC(Personal Computer)といいます。個人用の小型コンピュータでOS(オペレーションソフト)には、ほとんどWindowsが使用されています。
日商PC検定は、Windowsマシンでしか試験が受けられませんので、当サイトでは、パソコンは、すべてWindowsパソコンを意味します。

さて、パソコン内部の主要なハードウェアは、以下の3つです。この3つは、重要なので覚えてください。
1.CPU、2.メモリ、3.ハードディスク

1.CPU(シーピーユー)Central Processing Unit(セントラル・プロセッセッシング・ユニット)の略です。中央演算装置とも呼ばれている半導体です。
このCPUは、メモリなどと一緒にパソコン内部のマザーボードと呼ばれる基盤に設置されています。熱が高いので、ファンを付けたり熱を放出する工夫がされています。
CPUは、コンピュータの頭脳に当たるところで、ここで各種の計算をします。早さの単位は、Hz(ヘルツ)です。例えば、1GHz(1ギガヘルツ)などの表現をします。数字が増えるほど計算速度が増します。
パソコンの価格の主要なところを占めています。速度が速い最新鋭のCPUの入ったパソコンは、価格が高くなります。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
パソコン内部の主要なハードウェアは、
1.CPU、2.メモリ、3.ハードディスク
CPUは、中央演算装置とも呼ばれています。コンピュータの頭脳に当たるところで、ここで各種の計算をします。早さの単位は、Hz(ヘルツ)です。

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

日商PC検定プラチナ試験会場

日商PC検定プラチナ試験会場

直営のパソコン教室が日本商工会議所より日商PC検定プラチナ試験会場として認定されました!
詳しくは、こちら

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.