日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

データの種類2・・・・知識問題

日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ

IT時代のデジタル仕事術では、2種類のデータを扱うことになります。
2つ目は、定性データと呼ばれるデータです。
定性データは、下記の図の通り文書や写真、図面などのデータです。ひとまとまりでないと意味をなさない、データです。これらのデータも全てデジタル処理可能で、紙のものはスキャナーで、立体のものは、デジタルカメラで全てコンピュータに入力できます。しかし、定量データのように1つ1つの数値が意味を持つのではなく、1つのまとまりとして意味を持つデータです。例えば、小説をWORDにて作成すれば、文字や単語は数値データに置き換えできますが、全体としての物語を表すことはできません。小説全体で1つの意味をなすものです。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
「定性データ」は、文書や写真、図面、地図など1つのまとまりとして意味があるもの。
定性データ

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.