日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

データの保存と活用1・・・・知識問題

日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ

IT時代の仕事術では、組織内で共有されるサーバーコンピュータ内に情報ファイルが保存されます。
この時に、保存されるデータ量や利用目的、組織内ルールによって保存に使用するアプリケーションソフト(俗称アプリ)や保存単位が変わります。
例えば、200件程度の少数の顧客データがある場合。
データ量が少ないので、保存に関しては、WORDでもEXCELでもACCESSなどのデータベースソフトでも問題ない。しかし、このデータを次にどう活用していくのか?または、今後データ量は、どのぐらい増加するのか?によって、使用するアプリケーションソフトは、変わってきます。
また、「名前」「住所」「売上」など個々のフィールドごとにどう扱うのかによっても使用するアプリケーションソフトが変わります。

「日商PC検定 試験に出るポイントのまとめ」
200件の顧客データがある場合、活用アプリケーションソフトは、WORD、EXCEL、ACCESSなど多種類考えられるが、利用目的と利用単位で選択する。
利用ソフトと保存単位

日商PC検定知識解説 目次ページへ戻る

日商PC検定知識問題解説

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.