日商PC検定1級3科目合格者が教える通信講座です!

日商PC検定実技試験サンプル問題(旧PDF版)の解説文書作成3級 その4

問題文


サンプル問題文


表題は、事務処理用から経理課用に変わっているので、本文や記書、その他前文で修正が必要な個所をすべて修正します。今回の問題では、本文に1箇所訂正するところがあるだけです。
POINT!独立した段落とは、上段末でENTERキーを押して改行した新しい行のこと。
1文字分字下げして(スペース)平素より・・・・を記載します。
本文内の新しい段落は、1字分字下げ(スペース)するのがルールです。
このように、問題文に指示がなくても処理する必要があるのがビジネス検定である日商PC検定の特徴です。ただ単にコンピュータの操作ができるだけではだめなのでよく学習しましょう。
POINT!ただし、むやみに改行や段落の削除を行うと10点単位の大きな減点になるので注意します。
発信日は4月なので4月の季語を選択します。
POINT!新春(新しい春)とは、新年(正月)のことです、よって陽春(暖かい春)が正解です。
POINT!季語が分からない場合は、WORDの「挿入、挨拶文の挿入」で挨拶文ウィザードを起動しカンニングすることができます。

次の解説ページへ続く

お電話でのお問い合わせ TEL 0748-75-8835 受付時間10:00~16:00 パソコン寺子屋

無料 合格診断!

メールでのお問い合わせ

細田塾長挨拶

細田塾長日商PC検定合格道場へようこそ!
パソコン資格にチャレンジされる皆様の意気込みには、いつも感激しております。
どうぞ、日商PC検定の通信講座を活用して合格の喜びをつかんでください。

《資 格》
日商PC検定1級3科目合格 全国6番目で達成!
日商PC検定文書作成1級
日商PC検定データ活用1級
日商PC検定プレゼン資料作成1級

 

最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 日商PC検定合格道場 All Rights Reserved.