日商PC検定試験ファイルの変更で困った?

こんにちは

日商PC検定合格道場
八田です。
生徒さんではない匿名Yさんから寄せられました質問です。

■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■
ピポットテーブルをしたのですがそこで問題が起きました…
普通なら青と黄色の枠が出る筈なのですが、
試験ではそれが表示されませんでした…
代わりに「レポートを作成するにはピポットテーブルのフィールドリストから
フィールドを選択してください」という
小さな枠が出てしまい、はじめての事態で対応出来ませんでした。
これは何故表示されてしまったんでしょうか?
■□■□■□■□■□□■□■□■□■□■

回答
====================
ピボットテーブルで青と黄色の枠が表示されるのは、
EXCEL97-2003ファイル形式
いわゆる互換モードと言われている表示方法です。

集計したい項目をドラッグするときに
以前は、青と黄色の枠線内にドラッグしていましたが
現在のEXCELでは、フィールドリストの下段にドラッグします。
この操作方法が分からなかったのでしょうか?
フィールドリストが表示されていない場合は、右クリックで表示できます。
以前の日商PC検定試験は、この互換モードファイルで行われていましたが
現在は、変更されましたので、古いファイルで練習していると困ったことが起こってきます!
====================
実は、このような間違いは、全国でたくさん起こっているようです。
なぜなら、

昨年2015年の夏の試験から、日商PC検定の試験システムが大幅に変更されたのです。

このマガジンでも何度も注意点な度をご連絡していますが、
試験問題のファイルが、従来は、WORDやEXCELでは、97-203形式のファイル、

いわゆる互換モードというファイル形式で試験が実施されてきました。
これは、2003以前のファイルを企業で大量に利用されていたからです。

WindowsXPの主流ファイル形式ですね。
しかし、現在では、普通形式ののWORDやEXCELのファイルが試験で使用されています。

WORDでは、Word文書形式のファイル

EXCELでは、Excelブック形式のファイル

PowerPointでは、PowerPointプレゼンテーションファイル形式です。
この互換モードと現在のファイル形式では、WORDやEXCELで使い方が違う点がいくつかあるんです。
今回のご質問は、互換モードでの解答方法になれていた方が、試験当日ピボットテーブルの使い方が分からなくて困ってしまったようです。

今から、受験学習を始められる方には、まったく関係が無いように思えますが

実は、注意が必要です。
市販されている参考書には、まだまだ、新ファイルに対応していないものも多く出回っています!

また、古い教材でそのまま授業をされている教室なども散見されます。

この間違った情報で学習を続けると、試験当日、とても痛い目に合うことになりますので

要注意です!
しっかり現在のファイル形式で学習したいですね。
試験問題は、少しずつ変更されていきますので
常に、最新の情報を知ることが重要になります。
日商PC検定合格道場の教材や講座内容も、
その都度変更させていただいております。

さて
一発合格したいあなたは、
100点を取りたいあなたは
今すぐ!
こちらの案内をご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼合格するためのポイント!

1.試験問題を知らないと命取りです!
2.ネット試験で、やってはいけないポイント!
3.合格経験者からのアドバイス!
4.試験官しか知らない本当の情報!
5.いつでも質問できるありがたい味方!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お金と時間を節約できる
日商PC検定合格道場
▼通信講座詳細とスタッフへの質問は
https://www.pcukaru.jp/
主任講師 八田 仁