日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ
検定試験できるかどうか不安?

 
 
こんにちは
 
日商PC検定合格道場 八田です!
 
 
直営教室でデータ活用3級の学習中の男性生徒さんのワイさん。
 
「先生、ちょっと文書作成3級の本が気になるんですけれど、どんな感じですか?」
 
 え??データ活用3級は、どうするんですか?
 
 
「いや?(汗) あきらめたわけではないんですが、ちょっと比率とかの計算につまずいていて、
 
正直、ちょいと休憩したいんですよ!」
 
 ほとんどちゃんとできてますよ! 大丈夫ですよ(^_-)-☆
 
 
「でも?、WORDなら、早く資格が取れそうだし・・・・・・・」
 
 
ちょっとつまずいていて不安たっぷりのワイさん
 
本当は、結構スムーズにエクセルもできていて、ちょっと込み入った計算問題に少し苦労しているだけでした。
 
後ろから見ていると、何回か同じ課題を数回こなせば、十分に理解できる範囲なのですが
 
やっている本人には、とても高い壁に見えるんでしょうね(^_^.)
 
 
そこで、ワイさんは、文書作成3級なら簡単そうだし、そちらに移ろうかなと浮気心が働いたわけです。
 
 
そもそも、学習を始める前のご相談で、最終2級が目標なので簡単な文書作成3級は、費用がもったいないので飛ばしたいというお話でした。
 
しかし、小学校時代の体育の授業の跳び箱を思い出しますね。
 
飛べる高さだし、他の子がみんな飛んでいくのに、1段増えただけでとてつもなく恐ろしく高く見える壁のようなものですね。
 
失敗してもいいから、ちょっとずつ飛び上がっていけばできそうに思えてきて、最後は、少しだけ勇気を出せばよいのですが、
 
飛べない子は、怖くて練習さえも拒否してしまうのですね。
 
 
結局、ワイさんは、文書作成3級の学習を始めることになりました。
 
もともと実力のあるワイさんですから、すぐに合格できると思います。
 
合格して自信が付けば、迷っていたデータ活用の問題も簡単に進んでいくでしょう!
 
1か月以内に合格したいですね(^_-)-☆
 
 
この様に目標を修正するのも勇気が必要です。何も後退しているわけでもありません。
 
ただ、跳び箱を前にした子供たちのように、不安という怪物が急に現れて意地悪をするだけなのです。
 
 
同級生には、体の大きな子や小さな子、また、3月生まれの子と4月生まれの子がいます。
 
同じようにはいかなくても大丈夫です。
 
まわりと比べるより、過去の自分と未来の自分を比較して伸ばしていきたいですね(^_-)-☆