日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ
日商PC検定 文書作成3級を練習中の、Uさん。

昨日の授業で、新しい問題に挑戦してもらったのですが・・・
どうも、今までの練習問題と勝手が違うようで、
Uさんも、「難しい?」を連発されていました・・・なぜ?

実は、最近の、文書作成3級の問題は、今までと違って、複雑な表の編集などは、
あまり出題されていません。

その代わりに・・・

皆さんが苦手とする、「敬語」の問題や、「あいさつ文」の使い方、
ビジネス文書の形式、に関する問題が多く出題されているように思います。

具体的には・・・

文書内にある、敬語表現の使い方として、間違っている箇所を探して
正しく直す問題。これ、結構、難しいです(^_^;) 皆さん、うまく探せません。

また、元の文書にある「あいさつ文」を直す問題。
これも、元の文章を削除せずに、あいさつ文を重複して入力してしまったり・・・

あと、文書番号や発信日、発信者名を正しい位置に配置する問題や、
担当者名を文中に追加入力する問題。
これも、ビジネス文書の正しい形式を理解していないと、難しいですね。

今後、試験を受ける生徒さんには、このような問題に対応する練習を
どんどんしていってもらおう、と思っています。

さて、市販の日商PC検定対策本だけでは、どうしても合格できない、
また、本だけでは、不安が残る、と考えている皆さん!
そうです、市販の対策本は、このように問題の傾向が変わっても、
すぐに対応できないんですよね・・・未だに、日商PC検定の開始時と同じ問題集が
発売されているのですから・・・(試験が開始されたのは6年も前!)

でも、日商PC検定合格道場は、問題の傾向が変わったら、
すぐにその問題に対する対策・練習をしてもらっています。

受験する生徒さんには、みんな合格してほしい!
それが、スタッフの願いです(#^.^#)