日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ
日商PC検定に合格する人は、新しい時代の最先端の仕事術に応じた人材

インターネットが現在の様に発展していなかった頃には、パソコンの検定も出題に対して解答も印刷して提出していました。もちろん問題も紙の問題を見ながらパソコンに入力していく仕組みでした。
そのため、全国統一試験でもその場では、合否が分からず、後日、審査会が開かれて、各地の試験官が集合して、採点を行っていました。
   また、当時の事務の仕事は、パソコンがあっても伝票などを印刷し、各担当者に回覧していくやり方で、通信やコミュニケーションも電話やFAXと会議、打ち合わせが仕事の主流でした。
インターネットが普及した今は、仕事そのものが、大きく変わりました。
電子会計やグループウェアの普及で、紙に印刷することなく仕事を共有し瞬時に並行して進められる様になってきました。また、電子メールや電子掲示板、最近では、FaceBookなどSNSを活用してコミュニケーションや会議、打ち合わせをするようになってきています。というわけで試験そのものも、ネット試験というやり方とともに問題内容も現在のネット時代に応じた問題内容に変化して来ています
   以前の試験問題は、データ処理の正確さとスピードが採点の基準として大きかったのですが、現在の試験は、ネット時代のIT仕事術の理解とパソコン活用という風に変化しています。
  日商PC検定に合格する人は、新しい時代の最先端の仕事術に応じた人材と言えます。
上記の内容は、主に2級の知識問題には、普通に出てくる内容です。
IT時代の仕事術とアナログ時代の仕事術の違いがよく出題されています。
詳しくは、通信講座で・・・・