日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ
今月の直営パソコン教室での日商PC検定も、無事終わり・・・
今月も、全員合格!という、とても嬉しい結果となりました。

さて、今日の話題は・・・

日商PC検定で、皆さんが引っかかりやすいこと!

それは、問題文の読み取り方、です。

この問題文の意味の取り方によって、解答が違ってきます。
同じ問題文でも、人によって捉え方はさまざま・・・

このポイントを知っておくのと、知らずに受験するのとでは、
結果が大きく変わります。

特に、文書作成(ワード)の試験に関しては、3級・2級に関係なく、
問題文の意味の取り方、というのがとても重要です。

例えば・・・
「記書きの項目に連番をつけて」
という指示があったら・・・

自分で、「1.2.3.」という番号を入力しますか?
それとも、段落番号の機能を使って、連番を付けますか?

普段使うワードなら、どちらで番号を入力してもOKです。
誰も間違ってるよ、なんて言いません。

でも、日商PC検定では・・・
問題文に、「段落番号の機能を使って」と書かれていなくても、
番号をつけるのには、「段落番号」のボタンを使って設定しなければなりません。3級も2級も同じです。

えーーー?日商PC検定の試験って、何だか面倒だなぁ?
と思われますか?

そんなことはありません!
「問題文を読み取るコツ」 そして、「解答のコツ」
これさえ、しっかり抑えておけば大丈夫です!

その、「コツ」を直営パソコン教室の生徒さんは、しっかり練習していきます。なので、毎月の合格者が後を絶たないんですよね!