日商PC検定合格道場HOME  通信講座詳細  合格者の声  スタッフ紹介  お問い合わせ
今晩は!
今夜は、久々のスーパームーンの日です!
今日見逃すと、来年の8月までありません。
残念ながら、空模様は、よくないですね。
スーパームーンとは、もっとも月が近づき大きく目る満月の日です。
「狼男の日」ですね(^_-)-☆
おかげさまで、最近では、受講生の方々で100点で合格する方が
多く出ていましてうれしい限りですヽ(^。^)ノ
特にデータ活用では、実技100点で合格するする人が続出しております。
しかしながら、知識問題では、どうもまだ100点という方は、滅多におられない現状です。
力不足をしみじみ感じています(>_<)
本日は、皆様方のお知恵を、お貸し願いたいのです。
実は、この問題の解説は、完全にお手上げです!
ただ、長年のヤマ勘で答えは、わかっています。
しかしながら、どうしてこれが正解ですか?
と問われれば?
知識実技とも100点満点で合格した私の言葉を信じなさいと
強制するしかありません(*^^)v
とてつもなく説明不可能な問題です。
では、問題をどうぞ!
====================
時間に対する連続的な変化や傾向を表したいとき
使うグラフとして適切なものを次の中から選びなさい。
1. 棒グラフ
2. 円グラフ
3. 散点グラフ
====================
■■■
■■■
1.棒グラフ
でまちがいありません。
なぜなら、これで得点できたからですヽ(^。^)ノ
解説?
時間の経過を示す最適グラフは、普通は、折れ線グラフです。
円グラフは、構成比を表すグラフなので「○○に対する××の変化」ということは表せません。
確かに、棒グラフでも「月別の売上」などを表現することがよくあります。
EXCELのグラフの種類には、散布図というのはありますが散点グラフという種類がありません。
よって答えは、「1.棒グラフ」です。
しかしながら、散点グラフというのも実はありまして、散布図の中の点データを
折れ線グラフに置き換えて時間の経過を比較することができます。
でも、この方法は、かなり高度ですね!
ということで
私の結論です。
3級なら、散点グラフなんてない。という考えで
1の棒グラフが正解
2級なら、こんな困難な問題は出ない!!
さて、あなたが、この問題に出会ったらどうします?
私を信じますか?